春の大祭特別講演「自分なりの旅立ち」〜葬儀・墓・ペットのこと〜

本年の春の大祭「鬼子母神祭」に際し、特別講演を開催します。今回の講師は「葬送を考える市民の会」代表 澤知里さんです。

澤さんと初めてお会いしたのは2012年11月。葬送の会の事務所にお伺いしお話を聞かせていただきました。その時はエンディングノートの事や一般の人々がお寺や葬儀にどのようなイメージを持っているかなどを聞きたく伺ったのですが、葬送の会の会員に対してのきめ細やかな取り組みを聞きすごく感心した事をおぼえています。

その後は会が主催している「おしゃべりサロン」へ参加したり、「仏教講座」でお話させてもらったり、いろいろな講演会などで一緒に登壇したりなどして交流していました。個人的に澤さんの人柄が大好きで、女性ならではの鋭い視点からの発言にいつも感心しています。

今回の講演は葬送の会で作成した「葬送ハンドブック」を中心として葬儀・墓・ペットのことなどを、実際に起こった事例を話していただくことをお願いしています。リラックスして聞ける講演会になると思います。

葬送についてはなかなか話したり聞いたり出来にくい内容ではありますが、これを機会に自身の旅立ちについて家族と話し合う場を持つきっかけになっていただけたらと思っています。

 

北海道新聞朝刊の生活面
「グリーフから見た葬送」の講座内容が北海道新聞 生活面に掲載されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です